So-net無料ブログ作成
検索選択

「TWIN PEAKS: the Return」#0 [ソフトウエア]

「thaT guM yoU likE iS goinG tO comE bacK iN stylE.(≒君の好きなガムがまた流行る)
ファンになら通じるその暗示通り、否その理解者を増やす目的か、先月の終わり頃からWOWOWで27年前のドラマが再放送されてます。
そのタイトルは「TWIN PEAKS」。一昨年の投稿でその続編のウワサに振れた往年の大ヒットドラマシリーズです。
いよいよそのウワサの続編「TWIN PEAKS: the Return」が、今月22日21時から二ヶ国語版が&28日23時から原語&字幕版がWOWOWで放送開始されるのだそうです。
当時 懸念されたDavid Lynch監督の降板はどのような経緯を辿ったのか結局回避されたようで、上に紹介したタイトルに張ったリンク先で氏本人からのコメント映像が公開されてます。

大ネットワークABCから衛星&CATVメインのSHOW TIMEに移ったためか・27年間を経た視聴スタイルの変化によるものか・或いは私の2年前の予想が当たってしまったのかは判りませんが、アメリカの初回放送は視聴者数の低下が半端ないようですね。
まぁ27年前のシリーズも女子高生殺害の実行犯が明かされてからは右肩下がりだったそうですが、調査結果によると「: the Return」はその最終回の5%しか視聴者が戻って来なかったそうです(←それでも50万人だそうで、配信を含めると100万人までは行ったそうですけど)
なお私の読解力が足りないためかアメリカの視聴率調査は日本と違うようで、上述のように全体に占める割合ではなく人数で公開されるのがひとつ、そしてその調査対象は18~49歳に限られている(?)ようなのです。つまり最も高齢な調査対象でも「TWIN PEAKS」ブーム当時は22歳で、それより上の大人世代は調査対象から除外されてるということになります。
あの難解なドラマを当時の子供が夢中になって見てたとは思えませんし、シリーズの続編にも拘らず前作ファンの多くを除外した調査結果で評価するのはフェアじゃないですね。
まぁ私はアメリカの市場状況がどうかなんて判りませんし、日本でDVDやBDがリリースされた際にレンタル店がどんな状況になるかで評価しましょうか。←それだってVODがどう影響してくるのか判りませんが…;


まぁその作品がどんなにヒットしようとも、私の嗜好に合わない作品であれば何とも思いません。
例えば昨年記録的な大ヒットとなった「君の名は。」は、半年もロングラン上映されてる劇場にあれだけ赴いてるくせに私はまだ見てません。たぶんレンタル店に並んでも見ないでしょうし、地上波で放送されても自発的に見ることはないでしょう。
本国じゃ差別論者に叩かれ日本でもろくに宣伝を見掛けなかった「GODS OF EGYPT」は、他の作品を見に行った劇場で上映されてた告知が面白そうだったので探して見に行きましたし、内容が気に入ったのでBD3Dソフトも購入しました。

そして「TWIN PEAKS: the Return」です。
正直なところ蛇足感を拭えず、相変わらず「TWIN PEAKS」は謎めいたあのままで終えておくべきだったのではないかとの思いは翻りませんが、でも逆に「TWIN PEAKS」を除くと続編やシリーズ作品の類を一切撮らずに来た孤高の鬼才David Lynchがわざわざ27年も経て創る続編が如何なものなのか、すごく興味があります。
なので私は、本国じゃ視聴率が振るってないと識ってても確実に第1話は見ます。つか先行放送された4話のうち第1話だけは見ちゃいました。
相変わらず←否、前シリーズに輪をかけて解り難くまたその演出も現在の日本の地上波じゃ無理じゃなかろうかと思えるほど過激化しており、上述した視聴率の変化にはPPV化も絡んでいるのでは?と思えなくもありません。
取敢えず第1話を見たことで、映画版では有耶無耶にされていたドラマの(Cooperが洗面台の鏡に額を打付けてケタケタ嗤う←)ラストシーンに意味を持たされたことだけは分りました。
案の定 先の展開が気になる創りでしたので、私は原語&字幕版の放送が始まったら全話録画して放送後にまとめて見ようと思います。…でも既に第2話が気になって仕方ないのですが;

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0