So-net無料ブログ作成
検索選択

クロスプラットフォームについて [サービス]

まず紛らわしくて私自身が誤解している可能性もあるため、飽くまでこのブログに於ける用語として「クロスプラットフォーム」を解説します。
その誤解を招く紛らわしい言葉とは「マルチプラットフォーム」。前々から在ったことは在ったのですが、この言葉を頻繁に見聞きするようになったのは、前世代Xbox360PlayStation(PS)3の時代になってからではないでしょうか。
既にその前世代から言われていたことではあったのですが、360&PS3世代ともなると向上した表現力を活かしたゲームを開発するには莫大な開発費を要求されるようになり、それでいて360もPS3も(&Wiiや携帯機も含めて)先代PS2のように絶対的な存在とはなり得ず、そのため大作ゲームは単一プラットフォーム専用タイトルにしてしまうと投資した開発費の回収さえままならない時代になってしまいました。
その時代に至り特に欧米産のサードタイトルを中心に、どうせ360用にゲームを開発するのなら多くのデータを共用できるPS3用も或いはその逆も然りで、複数のプラットフォームが共用できる能力の範囲内でソフトを開発し同時発売されるようになったのが「マルチプラットフォーム」です。
同時期の据置ゲーム機ですと任天堂からWiiもリリースされており普及台数に限れば最大派閥を誇っていたのですが、Wiiは開発費を含めたゲーム投資の高騰を避けるため性能競争から手を引き、代わりに独自のインターフェイスを採用することで新しい遊びを提案していたのですが、その独自性故に「マルチプラットフォーム」の蚊帳に入ることができず、結果としてサードタイトルの不足がらソフト旱<ひでり>に喘ぐことになってしまいました。


この「マルチプラットフォーム」に対して今回 話題に挙げる「クロスプラットフォーム」はもともと同様の意味であったようなのですが、現在のゲーム業界では異なる意味で使われているようです。
では「クロスプラットフォーム」はどのように使われているのかと申しますと、同タイトルのオンラインゲームに於いて、プラットフォームの垣根を超えて同じサーバーに接続し一緒にプレイできるようにすることを「クロスプラットフォーム」と呼ばれでいます。
例えば私が現在プレイしている「ドラゴンズドグマ・オンライン」はPS3・PS4そしてWindowsPCのクロスプラットフォームですし、前にプレイしていた「ファンタシースター・オンライン2」はWindowsPC・Vita・PS4(&少々プレイスタイルの異なるスマホ)のクロスプラットフォームです。
或いはもう一方の雄である「ファイナルファンタジーXIV」はWindowsPC・PS3にPS4を加えたクロスプラットフォームで始まり、現在は旧世代化したPS3を除外した代り(?)MacPCを加えて運営されてます。


こうやって挙げるとPS陣営は「クロスプラットフォーム」に積極的or寛容で、対応されてないXbox陣営や任天堂は否定的or懐疑的に捉えてしまいたくなりますが然にあらず。先日E3に合わせて開催されたMicrosoftのプレスミーティングでは逆のことが言われております。
具体的に申しますと、ここ数年でスマホを含め多くのプラットフォームに移植され世界中で大ヒットしている「MINECRAFT」を、今後順次実施されるアップデートによって各プラットフォーム個別の「○○エディション」という呼称を廃し、XboxLiveを媒介に繋げ、プラットフォームの垣根を超えてオンラインプレイ出来るようにする計画があるのだとか。
その対象にはNintendo Switch(NSw)も含まれておりMicrosoftでは3,200万のプレイヤーコミュニティを見込んでいるそうなのですが、そこに漏れたプラットフォームのプレイヤーはメーカーの非協力によって「孤立している」のだそうです。
その非協力的なメーカーとして名指しで批判されたのがSONY(≒PS陣営)で、批難の主は当然Microsoft(≒Xbox陣営)です。
つまりMicrosoftの主張を真に受けると、Microsoftが呼掛けた協業に任天堂は同意したけれどSONYは拒絶したために、PSユーザーだけ「孤立させられた」ということになり、上述とは逆の現状も見えてきます。

なおこの「孤立」については裏があるようで、まずPSとXboxとの間ではクロスプラットフォームを許容しない取決めがあったのだそうで、XboxLiveはそもそも今年の春先までXboxを何れのクロスプラットフォームに繋がせることも認めていなかったというのです。←つまり今春に発表されたMicrosoftの方針変更が議論の発端と申せますね。
さらに申しますとSONYからすればPS4だけで現在世界累計実売台数6,000万台を超えているそうですから、3,000万人から6,000万人が「孤立してる」ってのも変な表現です。←むしろどこかの国会のように、少数派が主義主張を抑えて徒党を組むことで頭数を揃え大多数派にケチをつけているのが実態ですw

Microsoftは「MINECRAFT」の版元MOJANG社を買収した際に$25億もの莫大な額を投じているそうです。どれほど莫大な額かと申しますと、まず日本円に換算すると¥2兆7,700億で、その価値はDisneyが「STAR WARS」や「INDIANA JONES」等の版権ならびにIndustrial Light & Magic(ILM社)等の傘下企業を含めたLucasFilms社の買収に支払った$40億と対比させると解り易いでしょう。額こそDisneyの方が払ってますが、得られるものの価値を思えばMicrosoftはかなり投資していることになります。
そこまで払ってるのに「MINECRAFT」開発者でありMOJANG社創設者であるMarkus "Notch" Perssonの離反を招いてますから、多少の不満は述べつつも結果を享受しているGeorge Lucasとは大違いですね。
失礼を承知の上で申し上げますが、MOJANG社は巨大フランチャイズ化してしまったためにNotchの手に余った「MINECRAFT」のサポートや版権管理のために設立された企業で、つまりNotchありき「MINECRAFT」ありきの企業と申せます。対するLucasFilm社もGeorge Lucasありき「STAR WARS」ありきの企業であったところまでは同様ですが、付随する資産・今後収益を得られる価値・規模のいずれを取っても桁違いです。
Notchの抜けたMOJANG社にどの程度の価値があるのか判りませんが、少なくとも「MINECRAFT」は既に世界で1億万本売ってしまったタイトルなので今後追加で売れる本数に然ほどの期待を寄せられません。となると既に「MINECRAFT」を購入している1億人余りのプレイヤーから改めて収益を図ろうとするのが健全で、その手段としてXboxLiveに「MINECRAFT」プレイヤーを繋げさせ会費徴収しようとしているのではないでしょうか。←そうでもしないと収益どころか投資額の回収さえ見込めそうにありませんからね。
サービスを共通化させる上で「レガシーなプラットフォーム」と見做され此度クロスプラットフォーム戦略から除外される前世代機を除くと、少なくともゲーム専用のプラットフォームでは最大派閥となるPS陣営の「MINECRAFT」プレイヤーは、収益目的からもサービス価値向上の目的からも、Microsoftにとって喉から手が出るほど欲しいはずです。
でもSONYの立場からするとMicrosoftの台所事情なんて知ったこっちゃない話で、そもそもPS4プレイヤーからは既にオンラインプレイのために会費を徴収しちゃってるってのに「『MINECRAFT』を今後も楽しむためにMicrosoftにも会費を払ってね」なんて言える訳がありません。低年齢プレイヤーの多さが見込まれるVita版に至っては無償で繋げられているのですから、SONYとすればなおさら抵抗があるはずです。

さらに申しますと真偽はともかくMicrosoftのえげつなさは結構有名で、IBMAppleが「軒先を貸して母屋を盗られる」逸話があったり任天堂やSONYに断られSEGAとの協業に失敗して選ぶことになった独自路線の開発コードが「Midway(;パソコンとゲーム機の中間という意味と日本製ゲーム機への反抗を意味)」だったこと。そしてその反抗を叶えた360にはキナ臭いウワサがあったりと、強引で独善的なイメージを拭えません。
任天堂がどういった経緯を経てMicrosoftとの協業に合意したのかは判りませんが、むかしから識るSONYがMicrosoftとの協業を躊躇するのは充分に理解できることなのです。
なおこれは10年近く前に寄稿されたブログなのですが、非常に興味深いので、興味ある方はぜひご一読を→「Xbox vs PS2(ホームサーバの戦い・第8章)

今回の発表に際して苦しい言訳をしているSONYは後手に回っており厳しい立場に追い込まれているようにも受け取れます。
現在でこそ歴史的普及速度のPS4を擁するSONYですがこの業界は入れ替りが早く、また今回XboxOneXを発表したMicrosoftにしてもNSwを発売したばかりの任天堂にしてもPS4の独走(≒PS2時代の再現)だけは絶対阻止したいはずで、さらに申しますと我々ユーザーにとっても一強皆弱は勝者の慢心(≒サービスの低下)を招き得ますから、SONYに限らず一人勝ちは遠慮したかったりもします。←6,000万人より9,000万人の方が好いのは確かですしねw

その観点から申しますとMicrosoftの一手に対して「孤立」させられたSONYがどんな返し技を見せるのか、Microsoftや任天堂が次にどんな手を売ってくるのか、興味深く見守りたいと思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0