So-net無料ブログ作成

久々にアニメ見たくなりました [雑記]

何か誤解を招きそうなタイトルになっちゃいましたね;
意外にハードな前篇が好かったので後で全話まとめて見ようと「機動戦士ガンダム: 鉄血のオルフェンズ」は毎週録画してますし、wowowで放送された「ベルセルク」も年末にまとめて見ましたし、あと本放送中の制作が間に合わなかった「ゴッドイーター」も再放送分で最後まで見ましたね。
逆にあんなに好きだったはずなのに、世界観が合わなくて「モンスターハンター・ストーリーズ」は見てません;


今回はいよいよ第1話の放送日が判明した「アトム ザ・ビギニング」の話をしようと思っていたのですが、それ以上に気になるタイトルが控えていたことを識ってしまったのでソッチの話をします。

まだけっこう先の話ですが、あの「デビルマン」が何度目かのアニメ化による「DEVILMAN crybaby」のタイトルで、今度こそ永井版コミックのラストまで描かれることになるのだそうです。


永井版「デビルマン」の映像化は過去にOVA実写+CG映画で挑まれているのですが、長期スパンでリリースされけっこう出来の良かったOVA版は告知までされておきながら最終巻までリリースされず未完・「仮面ライダー」シリーズ「戦隊」シリーズを手掛けている東映TV版「デビルマン」を筆頭に永年数多の大ヒットアニメを手掛けている老舗東映アニメーションがダッグを組んで華々しく話題を読んだ映画版は映画史に強烈な爪跡を残し公開直後に他界された那須博之監督のキャリアを泥だらけにした大駄作とまるで鬼門のような題材で、
「アニメなら巧くできる?」と期待したい反面、画の動かないコミックだからこそ描き得たあの最終戦争をどう動かすのか(≒動画にすると陳腐になってしまうのでは?)不安もいっぱいです。


私が幼少の頃は16~17時台の再放送枠で幾度も再放送されていた「デビルマン」。
高校生になって古本屋で立ち読みした愛蔵版でまず主人公デビルマンのTVアニメ版から大きく乖離したビジュアルに肝を抜かれ、読み進めていくうちに衝撃の展開に立っていられなくなり、慌てて小遣いを取りに帰って買い揃えた「デビルマン」。
規制の少ないOVAによる永井版の再現を謳われ、翌篇が発売されるまでの数年を心待ちにしながら未完に終わってしまった「デビルマン」。
顔のみでありながらその圧倒的なリアリティに惹かれ、しかし価格よりも技量を要するガレージキットであるために手を出せなかった「デビルマン」。
デートでたまたま寄った玩具店で永井板(←つか上述OVA版)を再現したフィギュアを手に取って悲鳴をあげられた「デビルマン」。
独特の作風が魅力的だった韮沢靖(今回の確認で既に他界されていたことを識りました。ご冥福をお祈りします。)がデザインし、あの伝説のカレージキットと同じ業者が手掛けられると知って全種アクションフィギュアを購入した「(ちなみにシレーヌ より断然ミーコの方がエロかった;)デビルマン」。
さらに甲殻類風の解釈を加えられた韮沢デザインが施されると識ってOVAアクションフィギュアも購入した「デビルマン」。
永井豪氏の絶賛を鵜呑みにして、例の如く事前情報を排して臨んだ劇場で唖然とさせられた「デビルマン」。
嗚呼「デビルマン」。その後もホビー商品は発売されているようですが、映像化は久々じゃないでしょうか。

コミック史に燦然とその名を残す「デビルマン」は恰好の題材なのかも知れませんが、どうかこれ以上オリジナルを侵さないでいただきたい。
湯浅監督!大河内先生!SARUの皆様!よろしくお願いしますm(vv)m


タグ:デビルマン
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0