So-net無料ブログ作成
検索選択

「MONSTER HUNTER X-cross-」 [ソフトウエア]

最近ですと小島秀夫監督や氏の率いていたスタッフ各位も同様なのですが、私には他にも、表舞台でその名を拝見する機会が極端に減ったために動向が判らず気になっていたクリエイターが居られました。
そのクリエイターの名は一瀬泰範氏。ディレクターとしてオリジナルに独自の解釈と調整を施された「モンスターハンター・ポータブル(MHp)」シリーズの大成功によって、一躍「モンスターハンター(MH)」の知名度を上げ超A級タイトルに押し上げた功労者です。

「MHp」は「MH」の携帯版・簡易版的な存在としてPSPを主プラットフォームに開発されて大成功を修めており、またPSPの後継機であるPS Vitaの発表会では「MHp」を用いた動作デモを披露されていたこともあって、当時その続編はPS Vitaに継承されるものと誰もが信じておりました。
しかしその直後、メインとなる「MH」ナンバリングの新作が3DS向けに開発されていることがたて続けに発表され、状況は一変してしまいました。
当初こそ私も「ディレクターの異なる『MH』と『MHp』は開発ラインも別だろう」と高を括っていたのですが、でも少なくとも「MHp」は「MH」の携帯版としての存在意義を失ってしまい、また3DSで2本目・3本目と「MH」がリリースされていくのを横目にその名前が一切挙がらなくなってしまったことで、「(一瀬氏は)社内で干されてしまったのでは」なんて憶測まで飛び交っておりました。


そんな一瀬氏が、おそらく事実上「MHp」の新作と思われる新タイトルと共に表舞台に戻って来られたのです。
その新作のタイトルは「モンスターハンター・クロス(MHX)」。
無印だった「MHp」が「MHG」を・「MHp2」が「MH2」を・「MHp3」が「MH3」をベースにアレンジされていたように、「MHX」も「MH4(G)」をベースにされているそうなのですが、そこには「MHp」シリーズでもお馴染みの狩場や村が次々と登場する模様です。

公式サイトはコチラ

私が惚れた「MH」は一瀬ディレクターによる「MHp」シリーズ(詳しくはコチラ)なので、一瀬氏の「MH」復帰は大歓迎です…が、そのプラットフォームが問題です。
と申しますのも、上に貼った映像でも冒頭で表示されますからお判りかと思いますが、「MHX」はまたもや3DS用として発表されたんですね。
つまり、メイン・RPG版・亜種(?)版の何れもが3DSに集ってしまった訳で、各所のゲハブログでは喧々諤々の大騒ぎになってます。

個人的な意見を申上げますと、対象年齢を下げて市場拡大を標榜していると思しきRPGはプレイする気もないですしそもそも低年齢層に強い3DSが選ばれた理由は充分理解できるのですが、メインが携帯機用になっただけでも衝撃的だったのに、それと同じ市場に亜種までリリースさせるってのはどういった目論見なのかが気になります。
100歩譲ってPS Vitaでのリリースは「なし」だとしても、だったらメインの「MH」シリーズはやっぱり据置機でリリースしておいた上で、その携帯版・簡易版として「MHX」をリリースするべきだったのではないかと思ってしまうのですが…。


正直なところ「MHX」がPS Vita用ではなかったことに落胆しなかったと申せばウソになりますが、でも「MH」が主プラットフォームを3DSに遷しても相応の結果を修めているとのことで既に納得できていたことですから、仮にPS Vita用として「MHX」が発表されて狂喜乱舞することはあったとしても3DSだから云々と怨言を述べる気はありません。←どうしてもプレイしたかったら3DSごと購入すれば済む話ですからね。
ただ3DS版「MH」の操作性は、店頭で試遊した限りでは新3DSも含めてどぅも私の掌には合わないもので、せっかく復活を遂げた一瀬氏をどう出迎えるべきか、年末まで思案することとさせていただきます。
運良く(?)私の周囲には3DS版の狩人が何人もいて、頼めばおそらく二つ返事で試遊させてくれるはずですからね;
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2