So-net無料ブログ作成

「GOD EATER」買っちゃいました^^; #2 [(ネタバレ注意) プレイ日記]

前回そのグラフィックや演出センスをクソミソに叩いてしまいましたが、結局「GOD EATER(GE)」に(良くも悪くも→)ハマっていますA^^;
もともと私にっとって「神ゲー」と称しても過言ではない「モンスターハンター・ポータブル(MHp)」シリーズを徹底的に研究し、彼らの考え得る改善点を盛り込まれた「GE」は、ゲーム部分に限ればその名が示す通り「神喰ゲー」と呼んでも過言ではないゲームシステムを構築できていると云え、「MHp」にハマれた狩人であれば、きっと「GE」にもハマれることでしょう。

「神速!連撃!狩りは進化した。」のキャッチコピーは伊達ではなく、斬撃と射撃を切替えつつ1フロアで挑む狩猟はかなりスピーディでスリリングです。

そして前回申し忘れた「MHp」シリーズとの決定的な違いは、仲間との連携にもあります。
「MHp」シリーズも狩場でアイテムの受渡しが可能で、一部のアイテムや装備は仲間のスキルや回復を行うことが可能なのですが、「GE」はそのルールにもメスを入れているのです。
攻撃に関しても勿論ですが、特に大きな違いは力尽き倒れた時です。
「MHp」で倒れた狩人は、限られた回数内であるならば、猫型獣人族「アイルー」達の押す大八車に乗せられ、ベースキャンプに運ばれることになります。
つまり善戦虚しく倒れた狩人は、連れ戻されたベースキャンプから仲間たちの戦う前線まで駆け戻らねばならないのですが、「GE」は倒れたその場で仲間に回復して貰えちゃうのです。

ベースキャンプの往復に無駄な時間を浪費させず「狩り」に集中できることが、「GE」最大の特徴です。

もちろんこれには相応のリスクを伴っておりまして、助ける側は、自身に残っている体力の半分を倒れている仲間に分け与えねばなりません。助けられる側もその半分の体力で復帰する訳ですから、すぐに回復しないとまたすぐ巨獣の攻撃に倒れることになります。
前から申している通り「GE」は1フロア内で巨獣「アラガミ」と対峙していますので、つまり仲間を助ける行為は、巨獣の面前で自身の体力を半分捨てることと類義なのです。
本来なら自分の体力は温存したい。でも仲間がいることで巨獣の注意を分散できるし戦力にもなる。←この選択肢が「GE」の「狩り」に戦略性を生み&よりスリリングかつスピーティなものに演出していると申せます。
…ちなみに倒れても仲間に救済されなかった場合は、仲間がまだ戦っていれば、「MH」シリーズと同様、ペナルティ加算の上でスタート地点で全回復します。
仲間が全員同時に倒れた場合もプレイヤーのみ強制的にスタート地点に直行。倒れた仲間を助けたかったら、せっかく全回復した自身の体力を分け与えなければいけません。←これは当然ですねw


以上については打倒「MHp」に於いて好意的に捉えることができる項目なのですが、実は「GE」には、新作ゆえの未成熟さによる問題点もあります。

それが映像上のデザインセンスが云々であるとかストーリーに感動できるかどうかであるとかであったとしても相応に重要な問題だったのかも知れませんが、私からすればそれらを遥かに凌駕する重要な問題点として、「ゲーム」の本質に関わるゲームバランスが、先に進めば進むほど理不尽さを露呈するのです。
「GE」は先に進めば進むほど1フィールドで同時に複数体の巨獣を狩るクエストが大半を占めてくるのですが、互いが仲間(?)の存在を、文字通り無視して攻撃してくるのです。
具体的に申し上げますと、RPGや弾幕系STGのラスボス如く無茶苦茶な攻撃を仕掛けてくる巨獣は百歩譲って許容するにしても、体当たりで攻撃できるだけの質量を持った巨獣が、いくら「神」に喩えられているとは云え、他の巨獣の身体を素通りしてくるのは如何なものでしょう。
これは敵の射撃攻撃にも云えることなのですが、「GE」では面前の巨体を貫通していきなり攻撃が飛んできます。←当然 面前の巨獣は予備動作を一切しておらず&その巨躯が背後の状況を覆い隠している訳ですから堪ったものじゃありませんね。
コチラは味方の攻撃に撃たれる仕様のため、一旦ハメられてしまうと、その窮地からの脱出はかなりの困難を伴います。
そのため、対峙する巨獣が1体の時と複数の時とで極端に難易度が異なってしまっているのです。

複数と対峙する時でも仲間を伴うことで敵の攻撃を分散できるはずなのですが、NPCは統べからく敵を引き連れてプレイヤーのもとに駆け寄ってきますので、一人プレイで敵の集団を分断することは(おそらく)不可能であり、
そんな時に頼りになるのが意思疎通を図れる共同プレイなのですが、本来有益たるべき「アドホックパーティforPSP」を介すと露見するバグがあるようで、ネットを介すと満足に協同プレイすることができません。

…つまり、ゲームバランスも含めた調整不足こそ「ゴッドイーター」最大の欠点です。
それ以外がよく練られていただけに、残念です。
もしも続編がリリースされるとしたら、もう少し調整に時間を割いていただきたいですね。
GOD EATER(ゴッドイーター)

GOD EATER(ゴッドイーター)

  • 出版社/メーカー: ナムコ
  • メディア: Video Game

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(4) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 4