So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

「MONSTER HUNTER: WORLD」#1 [(ネタバレ注意) プレイ日記]

オリンピックが気になっていたという言訳もあることはあるのですが、先行予約してるのにβテストに参加したほど待望してたくせに、そもそもこのブログはモンハン日記のために始めたブログなのに、「モンスターハンター: ワールド」発売からずいぶん永く沈黙を保ち続けてしまいました;
もちろん1月26日は0時から始めてますし、猛者と較べれば遅々としたものでしょうけれど順に雑クエストも消化しながら「上位」に昇進できてますよ。今回は遅まきながら開始当初のストーリーが一段落ついたところで、「モンスターハンター: ワールド」の感想を述べてみたいと思います。
モンスターハンター:ワールド_20180126002428.jpg

なお先に「価格.com」にレビューを投稿しているのですが、あちらでは文字数制限に苛まれたためこちらはそこに書ききれなかったことを中心に述べさせていただきます。


βテストに参加していた段階で既に先行予約済みであったことからもお察しいただけるかも知れませんが、私の場合、発表当日に抱いた懸念の多くは告知イベントの段階でかなり払拭されてました。
その上でβテスト参加を経て迎えた発売日未明はどんな心境だったかと申しますと、「こんなハズじゃなかった;」と焦ってました。
まず「モンスターハンター: ワールド」のキャラクタークリエイトは、従前と較べるとかなり自由度が高まりましたが他のタイトルを例に挙げるのが痴がましいほど時代遅れです。
プレイヤーが選べるのは性別・顔・名前のみ。肌や髪そして化粧の色はかなり細かく弄れるのですが選択式の輪郭・目・鼻・口はサイズや角度を固定されており、体型に至っては性別以外の選択肢がありません。爺さんだろうが少年だろうが或いは婆さんだろうが少女だろうが同じ体型にしか出来ないのです。
インナーは2×2種類のデザインを選べは色は自由に弄れるようになってますが、「モンスターハンター」のインナーがゲーム画面に現れるのは稀で、熟練者同志の示し合わせた「遊び」でもない限り見せられる機会はありません。
猛者のなかにはそれでも有名キャラクターや芸能人に似せて公開されてる方も居られますが、それだってエディット画面から抜けても同じ顔してるのかどうかは賭け同然じゃないでしょうか?←アップ用と全身用で顔を構成するポリゴン数に差が生じるのは解りますが、その差がもたらす印象の変化が尋常じゃないのです。
そう、上述の「こんなハズじゃなかった;」とは、やっとの思いでクリエイトしたキャラクターの、ゲーム内での驚くほどの変貌ぶりを示してます。
そのため冒頭のストーリー映像を見てはリトライ・ゲーム映像を見てはリトライと。そうしている間に丑刻を迎え一度も狩場に赴くことなく床に就き、結局 翌日も納得できなかったので長髪で顔を覆うことにしちゃいました。
モンスターハンター:ワールド_20180222021925.jpg

ちなみにこんな顔で、優男に仕上げた「ドラゴンズドグマ・オンライン」に対して狩人っぽく野性味溢れるタイプに仕上げてみました。



続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

天に聳える鉄の城#1 [(ネタバレ注意) プレイ日記]

イタリアの先行公開に遅れること1.5ヶ月、いよいよ国内公開となった「マジンガーZ: INFINITY」見てきました。
昨年は永井伯のデビュー50周年だったそうで、先日NETFLIXで世界同時公開された「DEVILMAN: crybaby」に間髪入れず永井伯代表作の映像化は嬉しい限りですね。今年はさらに「キューティーハニー」も再びリメイクされるそうですよ!
(C) GO NAGAI / DYNAMIC PRODUCTION / TOEI

前回の寄稿で「誰が見に来るの?」と疑問を持ってしまいましたが、喜ぶべきか悲しむべきか、私が席を取ったレイトショーは15~20人くらいの観客で、22時終わりということもあって1組だけ小学生同伴の親子連れがいましたが、他はアニメ映画とは思えないほど平均年齢が高かったですね。←むしろロボットアニメをレイトショー上映されてることが驚きで、余っぽどの話題作でもない限りレイトショーの客入りは大体同じようなものですけどw

続きを読む


タグ:永井豪
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

「DEVILMAN: crybaby」#1 [(ネタバレ注意) プレイ日記]

2018年初の寄稿です。今さらですが、明けましておめでとうございます。←バタバタしてる間に越年から幾日も経てしまいました;

さて新年1発目の話題は、日本時間の1月5日17時にNETFLIXで全10話が一挙公開された「DEVILMAN: crybaby」です。←敢えて「日本時間」と添えたのには理由があって、NETFLIX限定ではあるものの「DEVILMAN: crybaby」は世界同時公開だったのだそうです。
日本製のアニメやコミックが世界中で楽しまれていることや、また映像化を求められる作品として永井版「デビルマン」がしばしば挙げられていたことも識ってる所存ですが、それにしてもこの扱いの難しい作品を世界同時公開するとは思い切りましたね。

(C)2017-2018 NETFLIX SARU

永井版「デビルマン」の映像化は今回初という訳ではありませんが、出来の好かったOVA版は最も興味深い展開を迎える手前で頓挫・最後まで描かれた劇場版はその直後に他界された那須博之監督のキャリアに致命的な汚点を残しており、立場によって変わる善と悪や人間の性<さが>に抉り込んだ難しいテーマであること・既にコミックの段階で完成の域に達していることと併せて、映像作家にとって「鬼門」とも称せる作品が永井版「デビルマン」でした。
私はあらゆるストーリーコンテンツの中で永井版「デビルマン」は3本の指に←否、おそらく1番に好きな作品なのですが、仮に私が映像作家だとしたら1番手出ししたくない原作も永井版「デビルマン」です。牧村家を襲う悲劇も然りながら特に終盤の最終戦争に至っては、私如きの想像力では映像になりません。

その観点から申しますと、今回 永井版「デビルマン」の映像化に挑んだ関係各位の大英断には頭が下がる思いですし、さらに申しますと見事に映像化してみせてくれた制作者各位にスタンディングオベーションを贈りたいと思います。
連載当時から数えると45年も経ってますからあのまま映像化してしまうと時代錯誤な描写を散見する内容になってしまうことは自明であり、だからと申して迂闊に現代風アレンジを施すと原作ファンから「違う」評価を浴びる虞もあったはずで、永井伯から一任されていたとは申せ制作者も腐心されたのではないでしょうか。
本作を指揮された湯浅政明監督は私とほぼ同世代で、インタビュー記事を拝見する限り幼少期にTVアニメ版を見たのも高校生の頃 永井版に衝撃を受けたのもほぼ同じタイミングであり、或いは同じ年代に同様の体験をした者同士だからこそ得られる共感を本作から感じ取れたからかも知れませんが、少なくともココにいる原作ファン(=私)にとって「DEVILMAN: crybaby」は充分に納得できる映像化でした。


さて以下 内容に触れますが、文脈上 避けられないネタバレを含みます。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

このタイミングにPlayStation4が入院…だと?! [雑記]

金曜日の夜←つか深夜に「モンスターハンター: ワールド第2次βテストの開始を見届けたまでは好かったのですが、そのままうたた寝してしまいました。
で目覚めた土曜日にPlayStation(PS)4を起動しようとしたら、HDMI経由の信号はAVアンプ~テレビまでは通じているようで画面端に「ゲーム」と表示されるのですが暗画面のまま。DUALSHOCK4は青く灯ってますしPS4本体も白く灯ってる(=電源が入っている)のにテレビに映像は届いておらず、スピーカーも無音ということはそもそもAVアンプに映像が届いてない?という事態に陥ってしまいました。

PS4と同様AVアンプに繋ぎ放しだったVitaTVは普通に映ったので久々「フリーダムウォーズ」を起動←もとい;AVアンプの不具合ではないことを確認。
セーフモードを試しても画面は表示されないですし、寝室にPS3を移した際に抜いたまま空いていたHDMIケーブルをPS4に挿してみても変わりません。
思い立ってPSVRを起動してみたのですが暗画面にHDMI信号が通じてないことを示すアイコンが表示されており、VitaTVで通電確認できたHDMIケーブルとPS4~PSVRのHDMIケーブルを挿換えてみても変わらず。

つまり拙宅のPS4は、映像出力辺りにトラブルが発生した公算が高いということになりました。
このタイミングでPSクリニックに入院させたら退院は年明けになるはず(←実際は、12月26日以前に到着させてれば年内に退院できるそうです)で、そもそもβテスト版で早くもリオレウス様に謁見できることを識って意気揚々と待ち構えていたのにこの事態ですから本来なら落胆すべきタイミングなのですが、心の隅では「こりゃいよいよproに買い替えかw」ともう1人の私が囁き始めました。
そう私は、通常型より処理力に余裕のあるPS4proに惹かれているのですが、拙宅にはロンチ日に購入した初期型に加えPS20周年記念モデルと既に2台もPS4があって、共にまだまだ元気なのに買い足すほどの踏ん切りがついておらず、連休前でまだボーナスが残っておりむしろ年末年始の連休にPS4を起動できなくなることをPS4pro購入の絶好の機会と捉えようとしていたのです。

続きを読む


タグ:PS4 PSVR
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

「STAR WARS EpisodeVIII: THE LAST JEDI」#1 [(ネタバレ注意) プレイ日記]

スターウォーズ: 最後のジェダイ」を見てきました。
例の如く指摘させていただきますが、鑑賞後に改めてみるとこの邦題はおかしいですね。
「: THE LAST JEDI」を直訳すれば確かに「: 最後のジェダイ」となりますが、日本語の「最後」は「終わり」を示す言葉であるのに対して英語の「LAST」は「THE」が付くことで「最後」とは別の意味も含まれてきます。
それらのなかにはハッキリさせるとネタバレとなり得るものも含まれてますし或いは様々な意味を内包させておいた方が適切な場合も有りますから、仮に私に邦題をつける権限があったとしたら、ここは敢えて「: ラスト・ジェダイ」としておいた方が好かったのではないかと思います。←「: ファントム・メナス(←『朧げな脅威(≒シディアス=パルパティーン)』とも『見せかけの脅威(≒通商連合)』とも訳せちゃいますw)」の前例もありますしね!
タイトルやポスターにシスを連想させる赤を強調したり副題に広義な「THE LAST」を用いた辺りはLUCASFILMも敢えて誤解を招くように仕向けてるのではないかと思われますが、でもだからこそ「最後の」と訳してしまうのは誤りだと思います。←実際、「最後」じゃないのですしw
(C) LUCASFILM LTD.

さて今回は、本来なら字幕版をTCX×3D×ドルビーATMOSで見たかったのですが、私が確認した範囲で3D上映されている劇場はMX4Dか吹替版しか見当たらず、そのため消去法で一般的な2D字幕版を見てきました。
それにしても毎度のことながら、3Dで制作された映画を原語で3D上映してくれる劇場が少ないってどういうコトなのでしょう?私の嗜好ってそんなに世間ズレしてるのでしょうか?

まぁ、今回はけっこう好い席を取れましたしもともと映像や音響の迫力に定評のある「スターウォーズ」シリーズですから2Dでも充分迫力ありましたが、劇場から出た私の第一声は「やりやがったな」です。好くも悪くも裏切られました。
映画史に燦然と名を遺すシリーズの最新作であり大ヒットを約束された本作だからこそ、今回はまずオールドファンの立場から苦言を述べさせていただきましょう。

続きを読む


タグ:Star Wars
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「MONSTER HUNTER: WORLD」#0.4.1 [(ネタバレ注意) プレイ日記]

モンスターハンター: ワールド」のオンラインβテストに参加しました。
少なくとも私の参加した10日午後に限れば1度もサーバーダウンすることもなく、快適でしたよ。
モンスターハンター:ワールド ベータテスト版_20171210060507.jpg

確か「~・ポータブル3rd」の体験版は設定された狩猟時間が足りずまともにクリアできなかった印象で、それは今回 相方と臨んだマルチプレイでも同様。ボルボロスが巣に逃げ帰ったりアンジャナフが足摺りながら逃亡を図る辺りまでは追い込めたものの、幾度試しても時間切れでした。←フラストレーションが堪りましたが、逆に申せば「あと少し;」と思える絶妙な調整が施されているとも申せます。
所持しているアイテムのなかにシビレ罠はあったのですが捕獲玉はなく、代りに捕縛ネットのようなアイテムがあったのですがいくら撃っても反応なし。まさか捕獲条件が変ってしまったなんてコトないですよね?
その後シングルプレイで臨んだら(時間はギリギリでしたが;→)初討伐でも一発クリアできましたので、今作も、同じモンスターでもシングルとマルチでHPの設定が違うのでしょうね。
モンスターハンター:ワールド ベータテスト版_20171210173332.jpg

なお今回の投稿に際して「~・ポータブル3rd」体験当時の投稿を読み返したことで、改めて今回の体験で気付けた、あの頃に目指されていて「~: ワールド」β版が実現に至った演出を報告しておきます。

まずはオトモ&野良ともに獣人種の進化です。外観がモフモフになったのは当然(?)として、コミュニケーション力がさらに高まってました。具体的に申しますと、オトモは狩場で出会った他のモンスターをパーティーに勧誘してくれるようになりました(←シングルプレイ限定かも?)
その相手は獣人種はもちろんのこと小型モンスターも対象に入っているようで、今回のβ版ですと小型種のジャグラスが仲間に入り果敢にもアンジャナフに挑んでくれてましたし、或いはパーティプレイでも、自分たちのナワバリを我物顔で荒らすボルボロスを快く思っていないテトルーの一団が乱入&援護してくれるようになりました。
なお獣人たちの発言は画面右側にログと同様に文字で表示されるのですがソレだけで、残念ながら発言に合わせて「ニャゴニャゴ」言ってはくれません。
モンスターハンター:ワールド ベータテスト版_20171210132054'.jpg

乱入と申せば、ナワバリに侵入したボルボロスに怒ったジュラドトスが巻き付いて攻撃し撃退するシーンもありましたし、或いはウッカリ寝床に迷い込んでしまったボルボロスを追払ったのは、あの特徴的な咆哮とともに姿を見せたディアブロスでした。
モンスター同士にはハッキリとした上下関係があるようで、同じく巣に迷い込んだアンジャナフの撃退を試みたドスジャグラスは逆に返り討ちに遭ってましたね。


次は、どの程度変更されたのか或いはそもそも変更されてるのかどうかさえ私は分ってないのですが、ヘビィボウガンが意外過ぎるほど好かったので報告します。
このブログでは前々から報告してますが私は基本的にコントローラーで的を狙って撃つのを苦手としておりまして、また「モンスターハンター」の場合 咄嗟の行動がモタつくのが嫌なので重装系の装備も忌避しておりました。その観点から申しますとまるで大砲のようなヘビィボウガンはほぼ確実に手を出さない系の装備だったのです。
…とは申しましても私が好きなゲームに狙撃を要するゲームも増えてきたことで僅かながらも免疫がつき、また上述した相方との協同狩猟に際してハンマーだか狩猟笛だかに打上げられ過ぎたもので距離をおこうと、せっかく試せるのですからヘビィボウガンを装備してみたんですね。
ところが現在までヘビィボウガンはおろか他の射撃系装備もろくに使ってこなかった私は操作法を解っておらず、またそもそも使う気がなかったので「高威力の弾を撃てるんでしょ」くらいの認識しかなかったために、画面隅に表示されている操作説明もよく解ってなかったんですね。ただ「~: ワールド」はデフォルトだと攻撃で与えたダメージ値が表示されるようになったもので、さっきまで使ってた太刀と較べると1発の威力が低いことだけは解ってしまったのです。
そんな時、貴方ならどうしますか?←横着な私は中断することもなく、色々とある威力の高そうな弾を順に試すことにしたのですが、トリガーである[R2]を押しても反応してくれなかったために焦ってしまいました。
弾切れ?←いくら不慣れな私でも「リロード」の意味は識ってますし&「~: ワールド」は△ボダンを押し忘れても自動でリロードしてくれますし、さらに申しますと最初に装填されていた「通常弾Lv.1」は残弾数に「∞」と表示されてます。←つまり威力や効果に目を瞑れば、少なくとも「~: ワールド」のヘビィボウガンには弾切れがないということです。
そして私が撃ちたかったのはもっと威力の高そうな名前の、「通常弾Lv.1」の上下に列記されている弾だったのですが、それを撃とうとしたら撃てなかったのです。
結論を申しますとコレは私の経験不足が原因で、◯ボタンの説明に「特殊弾装填」と書かれていたのを誤解していたんですね。十キー上下で目的とする弾を選んだところで、それを装填する目的で◯を押してたのですが、十キーだけで装填できて◯を押す必要はなかったようなのです。
じゃ◯ボタンを押して装填された「特殊弾」とは何なのか?ってことになりますが、これは私のボキャブラリーからだと「ガトリング弾」と表現するのが適切じゃないかと思われます。要は通常の弾が[R2]を押したらすぐ単発で発射されるのに対して、この特殊弾は一拍おいたタイミングから連射されるようになっているのです。←つまり私はこの一拍を待てなかったということになりますw
近接武器であればこの一拍は命取りに繋がりかねませんが、ヘビィボウガンは銃器ですからね。もちろん仲間の牽制がないと厳しいですが、バリバリ撃てるのは素直に気持ち良いです。
なおこの特殊弾は(設定上は違うのかも知れませんが→)連続して撃ってしまうと砲身が過熱して撃てなくなってしまうようで、ある程度撃つと冷却のためのインターバルを要します。←その間も単発の方は撃てますから無防備にはなりません。
こんなに気持ち良いなら多用されそうなものなのに、私のプレイ経験がある「モンスターハンター」ではバリバリ撃ってる狩友を見た記憶がないので、この「特殊弾」は新要素じゃないのでしょうか。


最後はちょっと気になったこと;


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

「MONSTER HUNTER: WORLD」#0.4 [雑記]

発売までの1ヶ月余りを待ち切れない狩人に朗報。いよいよ今週末に「モンスターハンター: ワールド」のβテストが実施されますね。
今回のβテストで狩猟体験できるのは、「森の大食漢ドスジャグラス」「荒地の暴走者ボルボロス」「古代樹の森の暴れん坊(アンジャナフ)」の3クエストのみ。また協同狩猟はもちろん単独狩猟でもPlayStationネットワークにサインインしている必要があり、またPlayStationプラス会員しか参加できません。
なお「モンスターハンター: ワールド」で協同狩猟する気のある方は製品版でもPlayStationプラスに入会する必要がありますから遅かれ早かれではありますが、ただ非会員の方がβテストに参加するためだけに入会するのは勿体ないかな?←βテストのプレイ結果はセーブ出来ないようなので、早めに体験できることを除けば然ほどメリットありません。
まぁPlayStationプラスは他にも特典がありますし、現在なら12ヶ月分の料金で+2ヶ月のオマケが付くそうで、早めに入会しても損はないと思いますけどね。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

「JUSTICE LEAGUE」 [(ネタバレ注意) プレイ日記]

JUSTICE LEAGUE」を見てきました。
過去幾度どなく映像化されてきたSupermanを再降臨させた「MAN OF STEEL」、そのクライマックスの戦闘で守るべき町を破壊されたBatmanが報復を挑む「BATMAN V SUPERMAN: DAWN OF JUSTICE」、その結果を受けた政府が悪意を持った第2のSupermanを虞れ抑止力となるメタヒューマン部隊の組織を画策する「SUISIDE SQUAD」、BatmanとSupermanの戦闘に加勢したWonder Womanがそれまで表立った行動を控えることになった経緯を描いた「WONDER WOMAN
」に続くDC Extended Universe(DCEU)シリーズ第5作です。
本作では「BATMAN V SUPERMAN」や「SUICIDE SQUAD」に於いてBruce Wayne=Batmanが調べていた資料に記録されていたThe FlashAquamanCyborgがいよいよ集結し、Bruceの予知夢に現れていた軍団を率いる神話上の強敵と対峙することになります。

念のため申し上げておきますが、公開されている予告映像のなかにはネタバレしかねないものも含まれてますので要注意です。

続きを読む


タグ:DCEU
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「DRAGON'S DOGMA ONLINE」#3.0.1 [(ネタバレ注意) プレイ日記]

とっくに始まっていてそろそろ次回メジャーアップデートの情報公開が始まってるってのに、今頃になってシーズン3初投稿です。←あ、「ドラゴンズドグマ・オンライン(DDON)」のシーズン3について述べます;

いや、アレからほぼ毎日起動してますし決してサボってた訳じゃないのですが、シーズン3で新たに加わった「戦甲」要素がそれまでの私の覚者&ポーン育成計画を根底から覆してくれちゃいまして、シーズン3突入段階の我がパーティーでは全く歯がたたないことが判明してしまいまして…。
もっと正確に申しますと、シーズン2のストーリークエスト攻略後&シーズン3アップデート前の消化プレイに於いてタラスク討伐に臨んだことで、それまで私が重用していたファイターシーカーで得られるスキルだけでは役不足であることに気付いてしまったのです。
改めて気付いたのですが私は一発の破壊力よりも手数を重視する傾向があるようで、思い返せばリュウよりケン派でリョウよりロバート派でした(←解らない方は追求しなくてもOKですw)
そのため「DDON」でも乱舞系や手数の多そうなスキルばかり重用して、「吹き飛ばし力」や「チャンス攻力」を軽視していたんですね。←対してシーズン3ではこの軽視していた「吹き飛ばし力」や「チャンス攻力」やそれまで避けていたジョブでしか得られないスキルが重要であることに気付いてしまったために、ろくに育てていなかったジョブを1から鍛え直すことになってしまいまして、そのためピレモスで仲間を待たせたままジョブ育成に勤しんでいた訳です。
おかげでスルーしていた中に楽しめるジョブがあることを識れたのは嬉しい誤算だったのですが、でも「DDON」のイベントってトップグループを対象にしたイベントが多い印象で、私の場合だと「あのままファイターを育ててれば参加できたのにorz」と思わされるイベントを幾つもスルーさせられるのは好い気分がしません。

続きを読む


タグ:DDON
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

天に聳える鉄の城#0 [雑記]

私が物心ついた頃には、彼は既に英雄でした。
その夜まで、彼は最後は必ず勝つものと信じてました。友人からウワサを聞いていても、彼が敗北を喫するところなど微塵も想像できませんでした。
宿敵との決戦を終え満身創痍のまま臨んだ未知の敵との戦いで、波状攻撃に傷付き万策尽きた彼に声を嗄らして声援を送ったあの夜は、40年以上経った現在でも、思い返すだけで鼻の奥がツンときます。
「鉄<くろがね>の城」に喩えられていた彼は、その名をマジンガーZといいます。
彼の危機に颯爽と現れて圧倒的な差を見せつけたグレートマジンガーはスマートでもちろん惹かれましたしその後も多くの英雄が世界を救ってくれましたが、でもやっぱり、私の記憶に残る最初の&未だ最も信頼のおける英雄はマジンガーZです。
余談になりますが、東京タワーで開催されていたイベント(展示会?)に連れて行ってもらえる約束の日の天気予報が雨で、子連れの外出を躊躇する親に「マジンガーがいるからだいじょうぶ!」と謎の安心材料を提供していた幼児は私ですw
敵の等身大像を見た弟がひきつけを起こしたために、連れ去ろうとする親に全力で歯向かって脱臼した幼児も私ですw


さて、今さら何で「マジンガーZ」の話題に振れたかと申しますと、前回 史上初となる巨大ロボ対決の話題を投稿するために文中に張るリンクを漁っていた際に、忘れかけていた話題を思い出したからです。
40年以上も前に放送を終えたあの「マジンガーZ」が、来年早々1月13日に劇場新作として復活します。

いやぁ~魅せますねぇ^^やっぱ格好良いですねぇ!しびれますねぇ!!堪んないですねぇ!!!

続きを読む


タグ:永井豪
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ
前の10件 | -